虹彩認識

虹彩認証の特長

  • 非接触

    カメラを通して撮影・認識して、接触せずに身元確認が可能なので、他の生体認証に比べて衛生的です。

  • 安定性

    指に傷があると認識されない指紋認証とは違い、虹彩は瞼によって保護されるため、外部からの物理的損傷による影響を受けません。

  • 正確性

    虹彩パターンは、他の生体認証パターンに比べて複雑かつ不規則なので、本人拒否率(FRR)と他人受入率(FAR)が大変低く、正確な身元確認を保障します。

HONGBOGの虹彩認識

「HONGBOGが独自開発した虹彩認識アルゴリズムは、米国防部納品履歴を有する技術です。HONGBOGは個人のスマートフォンセキュリティから企業・政府のクラウドサーバーセキュリティまで、様々な分野で虹彩認証サービスをご提供いたします」

  • icon

    ISO国際標準遵守

    HONGBOGの虹彩映像フォーマットは、虹彩認識の国際標準であるISO19794-6を遵守しており、他の虹彩認識アルゴリズムとの互換性を有しています。

  • icon

    特許登録された独自開発アルゴリズム

    HONGBOGが独自開発した虹彩認識アルゴリズムは、低品質な虹彩映像や不適当な照度環境でも優れた性能を発揮します。

  • icon

    優れた利便性

    HONGBOGの虹彩認証は、眼鏡やコンタクトレンズを装着していても認証可能で、直接接触せずにモバイルデバイスから30㎝~35㎝の距離でも認識されるので便利です。

応用可能分野

個人のセキュリティ
  1. フィンテック
  2. デジタル署名
  3. スマートフォン認証
  4. サーバーアクセス管理
  5. IoT機器アクセス管理
公共セキュリティ
  1. 法執行機関
  2. 国境管理
  3. 失踪者の身元確認